鎌倉ブルースリー・代表ブログ

ブランド洋食器&骨董・アンティークに関わる面白い話、好きなブルース・リーや趣味の格闘技関連&昆虫(特にカブト・クワガタ) のここだけの話をしていくぜ!

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★新極真会、第45回全日本空手道選手権大会を観戦して


毎年、大会パンフレットの表紙か選手宣誓をやる選手が優勝の有力候補と言われているようです。

て、ことは島本雄二選手が優勝候補の筆頭だったのでしょう。

しかし、試合はやってみなければわかりません。

入賞候補に名を連ねていた選手が次々と姿を消し

4回戦が終わってベスト8に残ったのは

佐賀筑後支部の河瀬俊作、和歌山支部の落合光星、

東京城南川崎支部の入来健武、ポーランド支部のマレック・ヴォルニー

愛知山本道場の加藤大喜、埼玉武蔵支部の長谷川達矢

和歌山支部の前田優輝、そして昨年の優勝者島本雄二

以上、精鋭8選手でした。



今回の大会で感じたのは優勝した落合選手は過去の試合と比べて

格段と安定感があって安心してみていられたこと。

体が大きいだけでなく、技のコンビネーションや合わせ技も抜群でした。



入来健武選手は優勝戦線に突入して来るのではないか?と前評判のあった

カザフスタンのイリヤ・ヤコブレフ選手を4回戦で下し、その後

またもや、海外の強豪、マレック・ヴォルニー選手にも勝利したのだ。

この2強は他の選手では食い止められなかったのではないか?

外国人2強を倒したことは最大に評価されることではないかと思います。

あの落ち着いた自信たっぷりの入来健武選手、まだ18歳なのだから今後が楽しみすぎます。


また、もう一人注目に値する選手は埼玉武蔵支部の長谷川達矢選手です。

準優勝した加藤大喜選手との試合では延長3回の末、体重判定で惜しくも負けてしまったが

自分が見た限りでは本線で若干ポイントが上回っていて勝ったのではないかと感じたほどでした。

長谷川達矢選手はユースジャパンのメンバーで尚且つ塚本徳臣選手からも指導を受けているうえに

家族全員、極真の黒帯(二人の妹さんは女子のトップ選手)という環境

しかも、来年は武心道の風間健先生も指導するかもしれない?

今後がますます楽しみな有望選手です。


まっ今大会はいろいろと番狂わせもあったようだが、

結果がすべてなのが勝負の世界の厳しいところなのですよね。



大会中は自分の友人、S’(第4回世界大会の秘密兵器)と

途中、俳優、筒井道隆の父上であり、武心道師範、武道研究家の風間健氏と

一緒に観戦していました。


131020a.jpg 
新装開店?した千駄ヶ谷駅前の東京体育館

131020a1.jpg 
毎年恒例の関係者に配られる新極真会弁当、とてもおいしかったあるよ。

131020a3.jpg 
準々決勝戦、加藤大喜選手に左回し蹴りを放つ寸前の長谷川達矢選手、右

131020a6.jpg 
大会名物、南里師範の少年部模範演武
南里師範は今年72歳ですが上段は蹴るし腹筋は八つに分かれてる超人です!

131020a7.jpg 
うちのお店(鎌倉ブルースリー)にも以前来てくれた、谷川光師範の演武。
手刀による氷割は素晴らしかったです。
131031a4.jpg 
ファイナルファイト、落合光星選手と加藤大喜選手の決勝戦です。



文字クリックでホームページへ⇒鎌倉ブルースリー格闘技ビデオ&DVDページ
TEL 0467-22-3277

↑クリックお願いします。





スポンサーサイト

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dragon38.blog33.fc2.com/tb.php/1043-6f8691d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。