鎌倉ブルースリー・代表ブログ

ブランド洋食器&骨董・アンティークに関わる面白い話、好きなブルース・リーや趣味の格闘技関連&昆虫(特にカブト・クワガタ) のここだけの話をしていくぜ!

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆本物を見極める眼力を磨くために東京国立博物館に行ってきました

骨董屋(アンティークショップ)という仕事柄

本物を見極める眼を持っていなければなりません。

そういう眼力を鈍らせないためにも

定期的に本物の文化遺産・芸術品・美術品を

目が疲れてしょぼしょぼになるまで目にしみこませて

視覚・聴覚・触覚・第六感を研ぎ澄ませなければいけないのです。

今日は我が店の鎌倉ブルースリーが休みでしたので

上野の東京国立博物館に『栄西と建仁寺』展(ようさいとけんにんじと読みます。)

私たちが学生の頃は栄西は臨済宗(えいさいはりんざいしゅう)と習っていましたが

最近は読み方が変わってきたようです。

上野の森の美術館はどこも人、人、人でいっぱいで

こんなにも芸術・美術・文化遺産に興味のある人々が多いのかと

驚かされると同時にまだまだ日本の職人芸の世界や骨董(美術)業界も

続いていくだろうなと感慨深く感じた次第です。

140430a.jpg 
和洋折衷建築の東京国立博物館
140430a1.jpg
本日鑑賞したのはこの栄西と建仁寺です。
俵屋宗達の屏風画、風神・雷神図は日本の国宝です。
140430a2.jpg
こちらは尾形光琳が描いた雷神図
140430a3.jpg
尾形光琳作の風神図
140430a4.jpg
模した絵と言っても此処まで崇高な作品ですので重要文化財となっています。
140430a5.jpg
この長蛇の列はキトラ古墳壁画展に並ぶ人たちです。
ただいま、最後尾は約2時間待ちとなっております…との放送が入っていました。


スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dragon38.blog33.fc2.com/tb.php/1093-9d1fd379
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。