鎌倉ブルースリー・代表ブログ

ブランド洋食器&骨董・アンティークに関わる面白い話、好きなブルース・リーや趣味の格闘技関連&昆虫(特にカブト・クワガタ) のここだけの話をしていくぜ!

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
★息子さんの芦原英典館長就任20周年記念作品です。

 英典館長はまだ若いですが館長就任20年も経ったんですね。

 貫録十分で、眉毛と目つきが芦原英幸師範にそっくりで

 DVDを見ていてなんかジ~~ンと感じました。

中の秘蔵映像、芦原英幸師範のサバキの動きは

ほんと、華麗でスピードは目を見張るほどでした。

他の空手流派ではフルコン、伝統派を含め全く見たことがない動きです。

このサバキを考案し指導できたのはまさに天才としか言いようがありません。

芦原会館と言うと西山道場はよく新極真会の大会やフルコンでも活躍しているので

前から知っていましたが、DVDの中で全国の支部長たちが

こんなに大勢いるのかと、びっくりしました。

芦原英幸先代館長は厳しい中にもユーモアと細かい気遣いがある

とても心優しい方だということがよりはっきりしてきました。

弟子に技術を教えている最中でも見学している人間の中の一人に

『お前、目が赤いぞ!大丈夫か?』と、声を掛けたりしていました。

夏の合宿風景でも稽古に遊びを加えて楽しく指導したり

今ではもう天昇した時の芦原館長より年上になっている

全国の支部長たちが少年のように目を輝かせて

英幸先代の思い出を語っていることで、

いかに魅力的な方だったのかと想像できます。

自分もデパートの屋上で芦原英幸師範と二言三言言葉を交わし、

握手していただいた時の感触と感激は今でも克明に覚えています。

20151129a6.jpg20151129a7.jpg
芦原英幸師範のこの少し上を向いた鋭い目が印象的でしたね。

20151130.jpg
芦原英典館長のあいさつ、西山享師範の先代館長のモノマネ、実戦芦原空手などで活躍お小倉師範、
岸保明師範曰く先代は脚も手も細かった、すねも鍛えてなかつた、スピードと柔らかさとコツ(タイミング)
なんですね。と言っていたのが興味深かったです。



スポンサーサイト

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dragon38.blog33.fc2.com/tb.php/1245-9be1fd92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック