鎌倉ブルースリー・代表ブログ

ブランド洋食器&骨董・アンティークに関わる面白い話、好きなブルース・リーや趣味の格闘技関連&昆虫(特にカブト・クワガタ) のここだけの話をしていくぜ!

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
⇒クリック!ブログランキング・にほんブログ村へ  

大学の友人で、Sという男がいた。彼は身長185cm位で、知り合った時、すでに極真池袋本部の黒帯であった。
同学年とはいえ、極真では先輩になるので、稽古をつけて欲しいと頼み込んで、組手稽古をやることになった。
自分はSと1対1というのも何か、緊張するので、後輩のS´を連れて行った。S'は極真では緑帯だった。
最初に自分が、Sと組手をやった。さすが、本部の黒帯で、どんな攻撃を出しても軽くいなされてしまった。次にS´がSに挑んだ。S´は下段からいきなり上段回し蹴りのコンビネーションとかがうまく、自分のときは本気を出していなかったSがかなり、まじになってきていた。
S´はSから「いやァ、キミ、組手強いねぇ」とほめられていた。
組手稽古が終わって、3人の空手談義が始まった。
すると、Sが「実はオレ、先週、本部道場で館長と組手やったんだよ。」
「え~~っ、大山館長と組手ぇ!」と自分とS'は驚いて、同時に声をはりあげた。

<第2話につづく>



文字クリックでホームページへ⇒鎌倉ブルースリー格闘技ビデオ&DVDページ
TEL 0467-22-3277
AUTHOR: アークン URL: http://blogs.yahoo.co.jp/akun1225/MYBLOG/yblog.html?fid=287713&m=lc DATE: 10/11/2006 22:53:58 スゴイっす
僕も空手をしていますが、大山館長は、「空手バカ一代」世代直撃のヒーローです。
うらやましいを通り越しています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dragon38.blog33.fc2.com/tb.php/126-f1af9c36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。