FC2ブログ

★格闘技の神様、現代に生きる達人、大沢昇★

今回46年ぶりに大沢先生とお会いして約2時間ほど

いろいろな話を聞かせていただきました。

その中で155センチと言う小柄な体格で

1度も倒されなかったと言う事実は前代未聞ですね。


話を聞いてわかったことは相手の攻撃は受けるんではなくて

カワスことが大切だということがよくわかりました。

体を鍛えているからと言ってボディーや足で相手の力いっぱい繰り出してくる

攻撃を受けて耐えると言うのはスポーツ競技的には良いのかもしれないが

武術的実践的には全く的の外れた技術だと思えてきました。

相手の蹴りや突きが刃物だったら受けたら受けた部分を斬られてしまって、

相手が暴漢だったらそれで殺されてしまいますよね。

ちょっと思い出しました。

何年か前に新宿に殴られ屋と言う職業の人がいましたよね。

相手が喧嘩慣れしたやつだろうとカラテ家やk-1選手だろうとすべて相手になり、

しかも相手の攻撃をほとんど食らわないでかわしてきたから、

そんな職業が成り立ったんですよね!

カワスと言う事は受けることよりも技術的に数段難しそうですが、

最初から交わすことを目的とし段階を踏んで技術習得していけば

可能なのではないかと思えてきました。

大沢昇先生は現在75歳です。

でもキックジムの選手や練習生はもちろん

名須川天心のパンチでさえカワシテしまうようです。

武道や格闘技をやってる皆さん大沢先生お手本に

まだまだがんばっていこうではありませんか!?




スポンサーサイト

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment