FC2ブログ

鎌倉ブルースリー・代表ブログ

ブランド洋食器&骨董・アンティークに関わる面白い話、好きなブルース・リーや趣味の格闘技関連&昆虫(特にカブト・クワガタ) のここだけの話をしていくぜ!

2019/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
アワとサヌキの渦パワー!

気を体に巡らせ感受性を働かせる!

古代日本人が持っていた姿勢と心の知恵!

相手に触れずに相手が動く方法!

昔から武道を志す者にとって

小よく大を倒す!

相手の力を利用する!

歳をとっても若いものに負けない!

気の力を利用する!

触れずに飛ばす!

これらは永遠の憧れ、希望である。


必死の筋トレで100キロのバーベルを持ち上げられるようになったとしても自分よりでかい人間はさらに150キロを持ち上げるようになっているかもしれない。

スピードをレベルアップしてももともと日本人より体力の数段優れた外国人にはそれも追いつかない。

そして、行き着くところが、そうだ相手の力を利用するのだ気の力で勝つのだ!

ところが、その気の力の達人が駆け出しの総合格闘家にいとも簡単にKOをされてしまう⁉︎


道場での練習やセミナーなどではトップクラスの空手家や総合格闘家がそれらの先生に手玉に取られている。しかし、これは教わっているのだと言う素直な心が前提にあるので、その技術が有効に作用しているのだと思われます。

以前気の力で触れずに相手を飛ばすと言う武道家がいた。次々と向かっていくお弟子さんたちが後ろの羽目板まで飛ばされてしまってぶつかって止まる。

こんなことが出来るならボクシングやその他格闘技のチャンピオンになれるし、繁華街を歩いていて遠くから歩いてくる反社会人を気の力で弾き飛ばしたらすかっとするだろうな、すごいことだよな!

と、馬鹿な想像してニヤニヤした記憶がある。

ところが、気の力で飛ばす道場に通っていた人と話をしたことがあるが、他の道場生はみんな羽目板まで飛ばされるのにその人は全然飛ばなかったそうです。

で、先生に『気が練れていないから、素直な気持ちがないからこちらの気を受け取れないんだよ!だから飛ばないんだよ!』と言われたそうです。

そのうち、めんどくさくなって、自分で後ずさりして羽目板まで飛ばされるふりをするようになってしまったそうです。

その話を聞いて、そうかじゃあ自分と戦う相手や全く気が通じてない反社会人には使えないのか!?
自分と気と気が通じ合っている仲間は飛ばせるけど気が通じてない敵は飛ばせないんでは全く意味がないではないか!と愕然としたものである。

いやしかし、それらは半端な先生たちであって
植芝盛平や武田惣角や三船久蔵などのような方々は本当にそういうことができた本物だったのだと思う







スポンサーサイト



テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dragon38.blog33.fc2.com/tb.php/1370-c189744f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック