鎌倉ブルースリー・代表ブログ

ブランド洋食器&骨董・アンティークに関わる面白い話、好きなブルース・リーや趣味の格闘技関連&昆虫(特にカブト・クワガタ) のここだけの話をしていくぜ!

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
⇒クリック!ブログランキング にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ  

最近、私がブログで昆虫採集(カブト&クワガタ)のことをよく書くので、メールや電話で、カブトムシやクワガタムシの採れるところを教えて下さいって、質問が増えてきて、ちょっと困っているのです。
先日などは、鎌倉ブルースリーのお店を開けようと、店の前に着いたら、シャッターの前でお客さんが、待ってて、「スイマセン、ブログ読んだんですけど、子供にカブトムシを採ってあげたいので、いる所を教えて下さい。」と尋ねられたりもしました。
洋食器やアンティーク品の事なら、パッと説明できますが、カブト(クワガタ)のいる場所となると、ちょっと考えてしまいます。
簡単に言うと、例えば、、長久保公園とか、○○公園とかなら、すぐ教えられますが、教えたところで、その場所で採集できる人は、その日に発見した一人だけで、いくらカブトのいるクヌギ、コナラの森でも、二人目からは、ほとんど採集できないことになってしまうからです。
また、公園や植物園以外の場所となると、いっしょに行って説明しないとわかりにくい場所ばかりです。とても言葉やメールでは説明できません。
私自身のことを考えてみますと、知人や名人から教わった場所(もちろん、いっしょに現場へ行った)以外は、自分で、車で出張買取りや配達で走っている道中にクヌギなどの木が目に付くと、車を止めてその木の方へ草ムラを入って行ったり、山路を上ったりして、偶然、見つけたところなどです。
取れる確率が高い時間は夜の10時から明方の4時くらいまでです。
TVなどで、真昼間に、網を持った子供といっしょにカブトやクワガタを採っているのは、もしかして、撮影用に、木にくっつけているのかも知れません。
昼間、採りに行って見つけるには、誰も知らない場所へ行かなければ、ほとんど無理だと思います。
昆虫採集って耳で聞くとお気楽に聞こえますが、結構、大変なんですよね。


文字クリックでホームページへ⇒レトロ&アンティーク鎌倉ブルースリー
TEL 0467-22-3277
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dragon38.blog33.fc2.com/tb.php/243-099eef4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック