鎌倉ブルースリー・代表ブログ

ブランド洋食器&骨董・アンティークに関わる面白い話、好きなブルース・リーや趣味の格闘技関連&昆虫(特にカブト・クワガタ) のここだけの話をしていくぜ!

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本の格闘技史に名を成す格闘家が続々誕生!
発祥地は三軒茶屋のスーパータイガージムだ!


前回のブログから遡ってあれは1985年ぐらいだったか?1984年に設立された第1次UWFの試合を見て佐山聡に興味を持った私は三軒茶屋のスーパータイガージムを訪問した。

ジム内には強烈な熱気が充満していた。山崎一夫(現、山崎バランス治療院院長)の指導の下、目を輝かせた若者たちが一生懸命ストレッチをやっていた。佐山の他に竹刀を手にした指導員がもう一人いた。宮戸成夫(現、UWFスネークピットジャパン代表、宮戸優光)だった。ストレッチから前後左右へのフットワーク、タックル、そして2人が組んでの練習へと進んでいった。

今にして思えばこの日にいた若者たちは凄いメンバーだったのだ。中村頼永(現、日本振藩国術館館長)大江慎(現、UWFスネークピットジャパン打撃コーチ)平直行(現、ブラジリアン柔術アカデミー、ストライプル代表)北原辰己(現、プロレスラー北原光騎)等だった。

休憩時間に2人の若者と話をした。まず中村頼永、ブルースリーファンクラブからの関係で彼のことは以前から良く知っていた。もう一人は大江慎、まだあどけなさが残っていたがとてもハキハキと答える賢そうな少年だったことを覚えている。その後練習を最後まで見学し、佐山氏と少し話をしてスーパータイガージムを後にした。

私がたまたま訪問した時にいた上記の練習生たちは皆、現在の日本の格闘技界を支える重要な人物に成っているではないか。当時の練習生で日本格闘技界を代表する人物はまだまだ大勢いる。・・・・・続きは次回ブログへ・・・


tg1.jpgtg2.jpg
この試合を最後に第1次UWFは幕を閉じた。


tg3.jpgtg4.jpg
キックとサブミッション、当時は熱狂したものだった。


文字クリックでホームページへ⇒鎌倉ブルースリー格闘技ビデオ&DVDページ

TEL 0467-22-3277

↑クリックお願いします↑

スポンサーサイト

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dragon38.blog33.fc2.com/tb.php/293-093127fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。