鎌倉ブルースリー・代表ブログ

ブランド洋食器&骨董・アンティークに関わる面白い話、好きなブルース・リーや趣味の格闘技関連&昆虫(特にカブト・クワガタ) のここだけの話をしていくぜ!

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索


絶対!パラオの猪木島に行ってみたくなった!
 司会の女性から『今日のゲストは、元プロレスラーアントニオ猪木さんです~~ッ』

と紹介され♪イノキッ、ガンバーれ!イノキッ、ガンバーれ♪という歌?にのって

スポットライトの中から猪木さん登場です。

首からは3メートルはあろうかという赤いマフラーを垂らしていました。

しかし、猪木さんが元プロレスラーだったとは知りませんでした。

私は死神酋長の役者さんでアントントレーディングの社長さんだと思っていました。

私の真横を通ったので身長を比べてみました。

瞬間的にメジャーを出して測ってみたら私より18センチ大きかったから185センチぐらいでしょうか?

壇上に上がり『元気ですかーっ!』と言って会場中の人たちの目を覚ましたあといよいよ猪木さんの話が始まりました。

パラオの猪木島の話は聞いているうちに

『絶対!行きてぇ~ッ』と言う思いが沸き起こってくるほど目が輝きました。

猪木さんが59才の時、同級生たち(横浜の鶴見の)に『還暦前に俺の島、パラオの猪木島で同窓会をやろう!』と提案したら最初は皆尻込みしていたそうですが

『俺が旅費を出すから行こうっ!』(さすが太っ腹~ッ)と無理矢理連れてったそうです。

そしたらそれから6年間同級生の方から、今年もやろう、今年も行こうとの声が上がって、

もう毎年行くことになってしまったそうです。

パラオの昼間はからっとした気持ちの良い暑さで空はスカイブルー海はエメラルドグリーン白い砂浜真緑の木の葉茶色い椰子の実

『夜になっても海の水は温かくてですねぇ夜光虫がたくさんいるんですヨォ、ピーターパンが棒を振ったあとに光の筋が出来ますよねえ。もうそんなの問題ないぐらい夜光虫の大群が海中を移動する時の美しさったら無いですよォ。バーベキューとかしながら夜空を見上げると、もう満天の星で、星ってこんなにたくさんあって、こんなに大きく見えるなんて、もうびっくりですよ!世界中どこへ行ってもこれだけ自然の美しさを満喫できるところはパラオ以外ないですよっ!皆さんハワイには良く行くかもしれないけど、今度海外へ行くんだったら是非パラオへ行ってみてください。絶対また行きたくなりますヨォッ!』

と声を大にして話してくださいました。

 
0528r.jpg0528t.jpg 
猪木さんが元プロレスラーだったと言うのでビデオを探してみました

 文字クリックでホームページへ⇒高級西洋陶磁器・販売・買取り/鎌倉ブルースリー(神奈川県)
TEL               0467-22-3277       

↑クリックお願いします↑

 


スポンサーサイト

テーマ:海外生活 - ジャンル:海外情報

コメント
この記事へのコメント
拝見させていただきました。
ちょくちょく来させていただきます。
よかったら私の方もご覧いただけると光栄です。
2008/06/06(金) 11:09:05 | URL | パラオ旅行 #-[ 編集]
参議院議員時代にスポーツチャンバラ世界選手権(横浜)に来られていました。小太刀の部に出場していた私も並んでみて、猪木先生は185位で公称の192ではないと確信しました。そしてもう一つ思ったのは、全盛期同士なら馬場さんの方が強いだろうなということです。
議員を退いてから熱海のサウナで弟と一緒になり、弟は前のかみさんと引退試合に行ったことを話し、闘魂ビンタをして貰ったとのことです。その後、嬉しくなった弟は一緒に行っていた会社の人達といい歳してプロレスごっこをやり肋骨を痛めていました。
2008/06/06(金) 21:55:42 | URL | 神奈川拳人 #-[ 編集]
185cm
やっぱり185cmぐらいだよね。
闘魂ビンタは子供やおじいさんでも大丈夫なんだから不思議ですね。
2008/06/06(金) 23:33:29 | URL | B3 #-[ 編集]
 芝居のプロということでしょう。タッキーに負けた時もリハーサルの形跡が良く分かりました。猪木がかなり強烈にローキックを蹴ると、タッキーがふわりと飛び上って避ける場面とか。猪木は決してハイやミドルを蹴らなかった事とか。
 テレビのオークション番組で、リングで猪木と15分一本勝負をやる権利を痩せっぽちの大学助教授が100万で落札しました。実力差からすれば、武道の試合なら数秒で終わるところ、猪木は10分ももたせ、しかも、花束を叩きつけたり、「あんだ、このヤロー!」と言ったり、抑え込んで返さ
れてリング下にエスケープしてリング上を狙ったり、ダメー
ジが無い様に『本気の形相で』延髄斬りやブレンバスターをやったりして、最後は片エビ固めでギブアップを取り、試合
後は助教授の手を高く上げて讃えていました。
 なんか見ていて、我々が見せられていたのは、本当に全部芝居だったんだな、と思いました。ミスター高橋の暴露本が出る前の事です。
2008/06/07(土) 08:10:24 | URL | 神奈川拳人 #-[ 編集]
猪木VSタッキー
確か猪木VSタッキーのDVDが家にあったような気がします。
見つかったら見てみようと思います。
2008/06/08(日) 00:25:44 | URL | B3 #-[ 編集]
 思い出したのですが、戦後何十年だかしてルバング島から復員してブラジルに渡った小野田寛雄さんが、ブラジルの日系人の大観衆の中での初めてのプロレス観戦の後、猪木VSアンドレ・ザ・ジャイアント戦の感想を述べていた。「猪木さんが勝つと思いました。猪木さんはアンドレより小さいが目が笑っていない。アンドレは自分の大きさに奢って、目が笑っている。・・」陸軍中野学校出身で、本物の実戦経験者の小野田さんでさえ、ブラジルの日系人たちの前での試合では、試合のずっと前から猪木が勝つ事は決まっていて、それ以外は有り得なかったのを見抜けず、まるで武道の試合と同じ様にプロレスを見ていた訳だ。
 猪木がそれだけ役者だったと言う事でもある。
 
2008/06/08(日) 20:33:01 | URL | 神奈川拳人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dragon38.blog33.fc2.com/tb.php/378-b73b94f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック