鎌倉ブルースリー・代表ブログ

ブランド洋食器&骨董・アンティークに関わる面白い話、好きなブルース・リーや趣味の格闘技関連&昆虫(特にカブト・クワガタ) のここだけの話をしていくぜ!

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


何回か出張買取りに行き、少し慣れてきた頃のことです。急な依頼があり、電話を切るとすぐにそちらへ向かいました。
買い取って欲しいとのものは籐の飾り棚でした。まだキレイなんだけど邪魔になったからとのことでした。
こういうタイプの棚は初めてでいくら位の物か分りませんでした。まぁ店で5~6千円なら売れるだろうと思い、「2500円で買取ります」と言いました。すると

「この棚、すごく高かったのヨ。もう少し出してくれないっ。」


と奥さんに言われ、結局3千円出すはめになってしまいました。

店に戻り、早速掃除をし、12時の開店と同時に店頭に並べました。すると、3時頃でした。通りかかりの女性が

「この棚はどうしてここにあるのですか?」


と奇妙なことを言うではないですか。
そしてこの女性、「ちょっと裏側を見せてください」と籐の棚の裏側をまじまじと見つめ、しゃがみこんで棚の脚の部分をくいいるように見ていたかと思うと、突然大きな声で

「これ、私の持っていた棚じゃないの、どうしてここにあるのヨ!」


と怒ったように言うではないですか。で、私、「何をいっているんですか、これは今朝私がお客様から買取ってきた物ですよ」とすると女性、

「これ、私が○○さんへこないだあげたものなんです。この脚の部分にT.Y.と私のイニシャルがあるから間違いありません」

「なるほど、確かに小さくマジックでT.Y.と書いてありますね。でも○○さんは『デパートで買った物で、すごく高かった物ですよ』と私に言っていましたヨ」

「何言ってるんですか、これ私があげたもので、あの人『こういうの欲しかったの、ありがとう』ってすっごく喜んでいたのに・・・ひどい・・・」


とブツブツ言いながら足早に去って行ってしまいました。

この件以後も似たようなことが何回かありました。結局、「自分が選んでお金を出したものでないと人は大切にしないんだな」と思いました。

よく買取り先で、査定金額を言うと「そんなもんにしかなりませんか、じゃあ知り合いにあげた方がいいですね」と買取を拒否する人がいます。友人知人にあげて喜んでもらった方がいいと思うのでしょう、しかし実際、そのもらった人たちは、またどこかのリサイクルショップに買取ってくれと頼んでいるのが現実なんですよね・・・。


お店のホームページも御覧下さい。
⇒レトロ&アンティーク&リサイクル・鎌倉ブルースリーHP
AUTHOR: ケニー URL: DATE: 07/11/2005 23:43:49 はじめまして
ミクシィの足あとから辿って参りました。

ブログ読ませていただきました。

いろいろな人や物に関する不思議な出来事ってありますよね。

自分が贈った物が必ずしも相手が満足(大事に)しないっていうのも納得しました。

引き取りに行った場所と同じ場所に配達に行った話も興味深いですね。

拳山さんのコミュ一覧を見て優作さんのは、あるのは分かっていましたが、真樹先生のコミュがあったのを知って驚きました(笑)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dragon38.blog33.fc2.com/tb.php/4-ad45bfc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。