鎌倉ブルースリー・代表ブログ

ブランド洋食器&骨董・アンティークに関わる面白い話、好きなブルース・リーや趣味の格闘技関連&昆虫(特にカブト・クワガタ) のここだけの話をしていくぜ!

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★中川二三生師範の内勁の武術、最終章!

筋力、体格を超えた
絶大な力=内勁の養成と運用法を
徹底的に解説した、
全武道家、格闘技者必見の実戦武術
DVDシリーズの最終章は
呼吸力で全身に気を通し
円の動きから生まれる
止まることのない球体の
身体運用法を習得していくものです。

以前、自分の後輩の極真の黒帯が意拳の孫立氏の太腿に
おもいっきり下段蹴りを入れたら
まるで大きなゴムまりを蹴っているような
感覚がして蹴った足が跳ね返され、
ひっくり返ってしまったと言っていた事があるが、

まさにこのDVDの映像の中にそれと同じようなことが
実演されているのには驚いた。

実際、この中川師範以外でも以前にも言ったかもしれないが
瀬戸師範、峰師範、宇城師範、盧師範等が
この技術を使える数少ない人たちである。

この師範等に共通していることは、
20才の時より30才の時
30才の時より40才の時
40才の時より現在の方が更に強くなっていると言う事実だ。

それと、相手が100㎏でも2メートルでも関係ないというのが
とても嬉しくなる。

現実に各界トップクラスの格闘家や武道家が出稽古で上記師範等と
組手をやると全く相手にされないとのことだ。

・・・・・こう書くと空手やキックより勁を使った武術の方が強く成れるのか?
と、短絡的に考えてしまいそうだが、ある意味、
総合格闘技やフルコン空手より過酷な鍛錬、
また一つのことを疑問を持たずに
10年、20年と地道に修練し続ける
強靭な精神力も必要なのであるから
短期間で強くなりたい、楽して、痛い思いをしないで
強くなれると思ったら大間違いである。

過去の達人、李振藩、植芝盛平、大山倍達、佐川幸義、沢井健一
この先生たちがいなくなった今でも、まだ上記の師範たち他
影の達人が存在することは現代武道に明るい光を感じさせる。
(えらそうな事言って・・・ごめ~ん)


05a2.jpg05a3.jpg


文字クリックでホームページへ⇒鎌倉ブルースリー格闘技ビデオ&DVDページ
TEL 0467-22-3277

↑クリックお願いします↑

 




スポンサーサイト

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dragon38.blog33.fc2.com/tb.php/488-85d1f850
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。