鎌倉ブルースリー・代表ブログ

ブランド洋食器&骨董・アンティークに関わる面白い話、好きなブルース・リーや趣味の格闘技関連&昆虫(特にカブト・クワガタ) のここだけの話をしていくぜ!

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
突然の真樹日佐夫先生宅訪問の続き>

すると、玄関がス~~っと開いてエプロンをしたすっごくキレイな女性が出てきた。
・・・(メイドさんか奥さんか?)

女性「どちらさまですかァ」

自分「あっあのー渋谷の道場で先生に御指導いただいている○○です。」とオレ。

女性「先生は今、執筆中なんですけど・・・ちょっと待って下さい。」

とまた家の中へ入って、再び出てきて
女性「どうぞ、お上がり下さいとのことですから、どうぞォ」

自分「F,、真樹先生、いるとは思わなかったよな、まさか家の中でもサングラスをかけてたりしてなァ」
F「押忍」


そして、部屋の中へ案内された。
呼び鈴を押すまでは何ともなかったオレも、さすがにドキドキしてきた。

ズシンッ、ズシンッ、ウウ~~ッ、なにか、怪獣が近づいてくるような雰囲気。
でっ出た!・・・じゃない、お見えになった。

2回からガウンを着た真樹先生がサングラスをかけてノッシ、ノッシと降りて来た。
すっ、すごい部屋中に男臭さが充満してきた。

「何だ~~っ、キミたちは?オレは今、原稿書いてるとこだから時間がねぇんだァ」
と言いながらも、「オイ、紅茶でも入れてやれ!」と先ほどの奥さんと思われる女性に声をかけてくれました。

女性は「はい。」と言ってキッチンの方へと向かい、なんと紅茶にケーキまで持ってきてくれた・・・大感激!

しかも、執筆中だというのに15分位、空手のことなどを色々、話してくれたのだ。
何の前ぶれもなく、突然、お邪魔したのにも関わらず、気を使っていただいて、本当に真樹先生ありがとうございました。
普通だったら、連絡も無く、突然来たら、怒るか、改めて出直して来いと言うだろう。
さすが、真樹先生、心が広い、男の中の男だ。
見た目は恐いがとてもやさしい人なのだ。
帰る時、真樹先生が

「がんばって稽古を続けていれば必ず強くなれるからな」

と言って下さった。

先生と奥さんにお礼を言って、突然訪問した真樹先生宅を後にした。
自分もFもうれしくて、その後の空手の稽古にいつも以上に気合が入ったのは言うまでもない。

※昔のことで、自分は若気のいたりでこんなことをしてしまったが、この文章を読んだ方がもし真樹先生のお宅を発見しても突然呼び鈴を鳴らすのは絶対に止めて下さい。お願いします。

↓真樹日佐夫先生の著作

ワル (1) オンデマンド版 [コミック]

新・空手バカ一代 格闘者

マス大山カラテスクールBOX(7冊セット)(真樹日佐夫先生:編さん)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
懐かしい・・。中大キック部は私のいた協会空手同好会と同じ場所でやっていたものです。
2008/01/05(土) 23:38:16 | URL | 本多正昭 #-[ 編集]
先生と奥様のご健勝を祈っております。
2008/01/05(土) 23:39:37 | URL | 本多正昭 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dragon38.blog33.fc2.com/tb.php/6-a666ae0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック