鎌倉ブルースリー・代表ブログ

ブランド洋食器&骨董・アンティークに関わる面白い話、好きなブルース・リーや趣味の格闘技関連&昆虫(特にカブト・クワガタ) のここだけの話をしていくぜ!

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
★日本空手界の損失!新極真会 長谷川順一支部長、急逝!

 5月2日にお通夜に参列させていただきました。

 飯能法要殿に着いた時には,すごい人数の人々で法要殿の前は

 真っ黒に埋め尽くされていました。

 ご焼香の時、長谷川順一支部長の笑顔の遺影とご家族

 奥様、達矢さん、2人の娘さんの顔お見た瞬間

 涙がこみ上げてきました。

 この場に来ても、まだ信じられません。

 祭壇の裏側から『羽生さん!久しぶり!元気ですかぁ?』

 と、出てきて『びっくりさせてすみません!』とか言いそうです。

 焼香が済むと参列者の席に案内されました。

 自分のテーブルと隣のテーブルには緑健児代表・木元正資・古川章

 谷川光・山本健策・塚越孝行・佐伯建徳・南里宏・

 入来武久・塚本徳臣・柏木信広・山田一仁(順不同、敬称略)・・・・

 まだまだ大勢の支部長や現役選手たちが長谷川順一支部長の急逝を惜しんでおられました。

 他の部屋にも一般参列者・協賛企業の方々・政財界・スポーツ界とおびただしい人数の方々が

 ・・・各方面に広く交流のあった長谷川さんだからこそ、

 これだけの人々が駆けつけてくれたのでしょう。

 特筆すべき一つには、この日長谷川達矢さんが悲しみの頂点にもかかわらず

 大勢の参列者を前に 立派な挨拶をされていたことです。

 『父が遺してくれたのは、地位や名誉などでなく、埼玉武蔵支部と生徒一人一人です。自分の使命は

 この支部をより大きく発展させることであり、父も側で見守ってくれると思います』(一部、抜粋)

 自分の周りの支部長たちも

 『達矢なら長谷川支部長の意志を継いで埼玉武蔵支部を盛り立てて行けるだろう』

 と、口々に言っておられたのが印象的でした。

 二つ目には埼玉武蔵支部の幹部の方たちが一生懸命しかも素早く確実に、

 会場の案内や参列者の対応に立ち回られていた姿を見て

 これなら、埼玉武蔵支部は大丈夫だ、長谷川支部長も安心して天界へと旅立っていけるだろう

 と、確信しました。

 帰りは谷川光氏と柏木信広氏と自分の3人でタクシーを相乗りし飯能駅へ
 

 そしてそれぞれ、違う電車に乗り帰路へと向かいました。

 ・・・・・・・・・

 しかし・・・日が経つにつれ悲しみが増してくるのはなぜなんでしょうか?

 脳裏には長谷川支部長の笑顔しか浮かんできません。

 いまだに信じられない気持ちでいっぱいです。

 長谷川支部長のことだから周りや埼玉武蔵支部が落ち着くまで道場の天井に

 張り付いて皆の行動を温かく見守っているに違いありません。
 
スポンサーサイト

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dragon38.blog33.fc2.com/tb.php/760-e99f6815
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック