鎌倉ブルースリー・代表ブログ

ブランド洋食器&骨董・アンティークに関わる面白い話、好きなブルース・リーや趣味の格闘技関連&昆虫(特にカブト・クワガタ) のここだけの話をしていくぜ!

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第一回オープントーナメント全世界空手道選手権大会ポスター




この第一回世界大会の頃は、燃えよドラゴン!の1973年12月公開に始まった空手ブームに劇画空手バカ一代の人気も手伝って、大盛況の超満員の観客の中、開催された。
ポスターは「つのだじろう」の絵による大山倍達が極真会館のシンボルマークと共に描かれていた。
この第一回大会は、「もし日本が負けたら腹を切る!」と大山倍達が宣言し、物議をかもしたことは有名だ。
何しろ、直接打撃制(フルコンタクト)による初の世界大会で、極真会館は地上最強の空手を掲げていたのだから。
イギリスから、ハワード・コリンズ、アメリカからは大山茂・中村忠が育てた熊殺しウィリー・ウィリアムス、チャールズ・マーチン、ウィリアム・オリバーらが参戦し、白熱した試合が連続し、まさに手に汗握って日本を応援したものだった。
結果、ベスト6は日本が独占した。

優勝  佐藤勝昭(現・佐藤塾塾長)
準優勝 盧山 初雄(現・極真館館長)
三位  二宮 城光(現・円心会館館長)
四位  大石 代悟(現・極真連合会、大石道場主席師範)
五位  佐藤 俊和
六位  東 孝(現・大道塾塾長)

上記、6人の大活躍により、大山総裁は腹を切らずに済んだのであった。
(※ほとんどの初期の強者たちが、元の極真会館を去ってしまっているのを残念に思うのは私だけだろうか)



⇒鎌倉ブルースリー格闘技ビデオ&DVDページ
TEL 0467-22-3277

⇒クリック!にほんブログ村 格闘技ブログへ
AUTHOR: vapor URL: DATE: 09/26/2006 17:41:14 Unknown

第一回オープントーナメント全世界空手道選手権大会ポスター...

このポスターはお持ちでしょうか?
譲る気はありますか?

vapor_24_7@yahoo.co.jp

vapor
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dragon38.blog33.fc2.com/tb.php/81-75c44068
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。