鎌倉ブルースリー・代表ブログ

ブランド洋食器&骨董・アンティークに関わる面白い話、好きなブルース・リーや趣味の格闘技関連&昆虫(特にカブト・クワガタ) のここだけの話をしていくぜ!

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
自然の宝庫、鎌倉広町、地球へのやさしさに満ちあふれた広大な緑の森その①
自然の宝庫、鎌倉広町、地球へのやさしさに満ちあふれた広大な緑の森その②
自然の宝庫、鎌倉広町、地球へのやさしさに満ちあふれた広大な緑の森その③
自然の宝庫、鎌倉広町、地球へのやさしさに満ちあふれた広大な緑の森その④
自然の宝庫、鎌倉広町、地球へのやさしさに満ちあふれた広大な緑の森その⑤の続き

鎌倉広町の昆虫第3弾です。


シロオチビカミキリ                 キボシカミキリ

山道に入ってすぐ足元の地面を見ると、シロオチビカミキリが歩いていました。
土の色と似ているので、よく見ないと踏んでしまいそうです。
クワの木の葉上にはキボシカミキリを見つけました。




ミスジマイマイ                   サビキコリ

雨上がりのせいか、いたるところでカタツムリ(デンデン虫)が見られました。写真のカタツムリは直径2cm以上あり、ミスジマイマイだと思います。
体の成長に合わせて貝殻も成長するとのことですが、ちょっと信じられませんよね。
しかし、貝の家をつけていると「あっ、デンデン虫だ!」などと子供も喜びますが、貝の殻がないと「うわっナメクジだ!気持ち悪りいっ!」となるのは不思議ですね。
サビキコリはコメツキムシ科で、ひっくり返すと「ぺチッ」と音をたてて元に戻るのが面白いです。





キタテハ                       ナミアゲハ

キタテハなど、タテハチョウ科のチョウは、はげしく忙しそうに飛び回るので、写真を撮るのが大変です。
水田のわきの湿地で、水を吸うアゲハチョウ、正式にはナミアゲハと言います。




クロウリハムシ                   ニシカワトンボ

歩きながら、両脇の植物をよく見ていると、色々な昆虫を見ることができます。
カラスウリの葉につくクロウリハムシ、この虫は体長5~6mm位の小さな昆虫です。
小川のほとりにはニシカワトンボが何匹か飛んでいました。
今日までの広町編で約20種類の昆虫を撮りましたが、チョウやトンボ以外は普通に何気なく散歩している人には目につかない虫たちです。





鎌倉ブルースリーHP(神奈川県内・神奈川県外からもどうぞ)

クリック!⇒にほんブログ村 地域生活ブログへ


TITLE: かわいい訪問客 URL: http://blog.goo.ne.jp/hayabucha/e/c0259a4388b244d17aee4248192ed54c BLOG NAME: はやぶちゃの幸せ探し DATE: 07/04/2006 23:34:17 家をでるときにふと我が家に植えてある鉢植えの葉っぱを見てみると、そこにひょっこりとカタツムリがいた。 いつもは見逃してしまうだろうけど、今日は運がいい。 どうせならと思い、紫陽花の葉の上に移して見た。やっぱ、カタツムリといったら紫陽花でしょ! ...
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dragon38.blog33.fc2.com/tb.php/85-bbce05af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック