鎌倉ブルースリー・代表ブログ

ブランド洋食器&骨董・アンティークに関わる面白い話、好きなブルース・リーや趣味の格闘技関連&昆虫(特にカブト・クワガタ) のここだけの話をしていくぜ!

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
★新極真会、第44回オープントーナメント全日本空手道選手権大会

  その5 兄弟選手・・・決勝戦・・・


いよいよ、本日のメーンイベント、男子決勝戦の始まりです。

Aブロックから勝ち上がった、島本雄二とDブロックから勝ち上がった島本一二三の対戦です。

この2人の名前を見てカンの言い方ならもう気がつくでしょうが(誰でも分かってるわい!)

そうです、極真史上初の実兄弟による決勝戦なのです。

そう言えば、、今大会は兄弟選手が実に多かったことに驚きました。


◆島本雄二⇔島本一二三 ◆前田優輝⇔前田将汰 ◆将口恵美⇔将口祐太 ◆水野暁記⇔水野寧々

実にすばらしい兄弟で極真のトップクラス選手なのですから。

これは極真空手が兄弟どちらかが始めると、やりたくなってしまう空手だからだと思われます。

昔の選手でも 有名なところでは ★大山茂⇔大山康彦  ★山崎照朝⇔山崎照道  ★大石代吾⇔大石省吾

道場に行かない日でも相対稽古が出来ることと、互いにライバル意識が芽生えることが強くなる秘密かもしれません。



さて、本編に移ります。決勝戦が始まりました。

兄弟で決勝戦をやるのが夢だったとはいえ、かなりやりにくいのではないでしょうか。

しかし、兄弟とは感じさせぬほど、お互いに思いっきり攻撃を仕掛ける姿に感動しました。

突き蹴りの応酬から 一瞬の隙に雄二選手が放った正拳突きが一二三選手の体に突き刺さりました。

弟、島本雄二選手が勝利しました。優勝です! いやあ、いい試合でした!

感心したのは試合後のインタビューです。

兄、一二三選手に勝った感想は?と聞かれた雄二選手は

『幼いころから兄を目標にして頑張ってきました。いろいろな面でまだまだ兄を超えられません。

 兄に勝ったとは言えません。』素晴らしいっ! 

台本もないインタビューで普通こんなセリフは言えません!

ほんとうに、心技体共に島本雄二選手、優勝者だと感じました。



※若手の選手が続々と育ってきている新極真会、来年はさらに楽しみです!


241031a1.jpg 
準優勝の島本一二三選手と優勝者、島本雄二選手
241031a2.jpg 
男子・女子入賞者がずらり勢揃い


文字クリックでホームページへ⇒鎌倉ブルースリー格闘技ビデオ&DVDページ
TEL 0467-22-3277

↑クリックお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dragon38.blog33.fc2.com/tb.php/926-545e254e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック